音響設備のプロおすすめ!業務用、店舗BGM用スピーカー・アンプ

2020.06.17音響


コンビニやスーパーなどの小売店からレストランやカフェ、ホテルに至るまで、どのような店舗・施設でも店内BGMは欠かせないものですよね。
店内にBGMやアナウンスを流すのに必要なものといえば、スピーカーです。しかし業務用のスピーカーやアンプは種類が多いため、どれを選べば良いのか分からず迷ってしまうこともあることでしょう。
そこで今回は業務用のスピーカーやアンプを選ぶ際に役立つ基礎知識についてご説明し、おすすめの製品をご紹介します。

業務用スピーカーと家庭用の違い

オーディオ機器で音を鳴らすには、スピーカーのほかにアンプが必要です。家庭用スピーカーはこの2つが一体になっている場合も多いですが、業務用スピーカーの場合アンプとスピーカーは別々であることがほとんどです。
つまり、業務用スピーカーはアンプとの組み合わせを変えたり、必要に応じてスピーカーを増やしたりすることも可能です。お店の広さや求める音質などに合わせて、スピーカーとアンプを選ぶことができるのです。

業務用スピーカーとアンプを選ぶ際には、以下の2点に注意しましょう。

ハイインピーダンス接続とローインピーダンス接続

業務用スピーカーを使用する際、スピーカーが何台も必要になる場合や、アンプとスピーカーの距離が遠くなってしまう場合があります。このようなシチュエーションで使用するのが、ハイインピーダンス接続です。
ハイインピーダンス接続では、スピーカーにトランスを付けることで電気抵抗を大きくし、ローインピーダンス接続と比較して非常に少ない電流でスピーカーから音を出すことができます。また、長距離ケーブルによる電気ロスもほぼ無視できるため、複数のスピーカーを鳴らしたい場合や、ケーブルが長くなった場合に便利です。

一方、ローインピーダンス接続は、ご家庭などでオーディオ機器を使用する場合に一般的に用いられる方法です。スピーカーの数が少なくケーブルの距離が短い場合には、ローインピーダンス接続を使用したほうが音質的に有利になります。

出力音圧レベル

出力音圧レベルとは、スピーカーに入力された電力を音に変換する際の効率を表す数値です。数値が高いほど、少ない出力で大きな音が出せます。商業施設のような、広い空間に対して大音量が必要な環境では、出力音圧レベルが高いスピーカーを選ぶようにしましょう。

業務用スピーカーに欠かせない「パワーアンプ」とは

そもそもアンプとは、音を増幅する装置のことです。チューナーやCDなどの音源ソースから送られてくる信号は微弱なため、アンプで信号を増幅させることで、スピーカーから大きな音を鳴らすことができます。

この際、左右のスピーカーのバランス調整や音量調整などを行うものを「プリアンプ」と呼び、プリアンプから送られてくる電気信号を増幅させスピーカーから再生可能な状態にするものを「パワーアンプ」と呼びます。
パワーアンプを選ぶ際は、音を再生する場所の広さや必要となる音量などを考慮して、適切な出力のものを選びましょう。

ジャトーのアンプ商品はこちら

タイプ別おすすめスピーカー①露出型

ここからはスピーカーのタイプ別に、おすすめの商品をご紹介していきます。

露出型とは、金具で天井や壁に取り付けるタイプのスピーカーです。設置する位置やスピーカーの角度を自由に調整できることがメリットとなっています。
天井の高さがない空間でも十分にパフォーマンスを発揮してくれるため、天井の低い店舗や施設にはこちらの露出型がおすすめです。

JATO online shop マガジン編集部

JATO online shop マガジン編集部

天井や壁に取り付けらる金具も付属しています。黒と白のラインアップで空間に合わせて選択できます。

JATO online shop マガジン編集部

JATO online shop マガジン編集部

ものさしとほとんど変わらないサイズでデザイン性も優れていることからカフェなどの商業施設、クリニック、会社の受付、会議室などで空間を邪魔せずにBGMを鳴らしたい場合に最適です。

JATO online shop マガジン編集部

JATO online shop マガジン編集部

コーナードオーディオの文字通り部屋の角に設置して部屋全体をカバーする独特のデザインで露出スピーカーでありながら目立ちにくい設置ができます。

タイプ別おすすめスピーカー②天井埋込型

シーリングスピーカーとも呼ばれる、天井に埋め込むタイプのスピーカーです。露出型と違って天井に一体化するため、店舗の内装に影響しない点が大きなメリット。

JATO online shop マガジン編集部

JATO online shop マガジン編集部

優れたサウンドでクリアなアナウンスを実現した天井埋込型スピーカーです。広範囲に均一な音声を出力できるため、BGMの再生にもおすすめです。主に、中小規模の商業施設での使用に適しています。

JATO online shop マガジン編集部

JATO online shop マガジン編集部

ハイインピーダンス接続とローインピーダンス接続の両方に対応していて、会議室やホテル、レストラン、カフェなど、さまざまなシチュエーションで使用することができます。

JATO online shop マガジン編集部

JATO online shop マガジン編集部

狭い天井裏でも設置可能な薄型設計で、スピーカーの設置スペースを確保することが難しい店舗でも使いやすい製品です。

タイプ別おすすめスピーカー③吊り下げ型

天井からワイヤーなどで吊り下げるタイプのスピーカーです。ペンダントライトのような見た目で、ペンダントスピーカーとも呼ばれます。天井が高い店舗・施設での使用に向いています。
スタイリッシュな見た目のものが多いため、店舗のインテリアにマッチしたカラーやフォルムのものを選べば、雰囲気作りにも一役買ってくれます。

JATO online shop マガジン編集部

JATO online shop マガジン編集部

高さを自在に調節することが可能なJBL PROFESSIONALの吊り下げ型スピーカーです。サイズは小型と中型の2サイズが、カラーは白と黒の2色があり、シチュエーションや内装に合わせてお選びいただけます。

店舗配線におすすめのスピーカーケーブル

音質をより高めるためには、スピーカーケーブルにもこだわりましょう。

JATO online shop マガジン編集部

JATO online shop マガジン編集部

スピーカーケーブルに定評のあるカナレの4芯ケーブルです。このケーブルに採用されている4芯構造には、ノイズを低減する効果があります。コネクター付きのものがおすすめです。

おわりに

今回は業務用、店舗BGM用のスピーカーをタイプ別にご紹介しました。
店舗用のスピーカーを選ぶ場合、天井が低い店舗なら露出型、逆に天井がかなり高い場合は吊り下げ型など、環境に適した製品を選ぶことが大切です。音質面が重要なことはもちろんですが、使う場所の広さや必要なスピーカーの数、ケーブルの長さなどをしっかりと確認して、目的に合ったスピーカーを選びましょう。

オンラインショップはこちら

プロ向けサウンド・映像設備機器通販 JATO online shop

タグ : 業務用 店舗BGM アンプ スピーカー 音響設備